読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョイアの日々徒然と。

日々徒然といろんなことを書いていくブログ。はてなブログ版。

まりさのかぎというものをやってました。
ソロモンの鍵を東方キャラでやってみたよ!的なものです。
本家はやったことはないですが、攻略サイトを見てみる限り、似ているステージはいくらかあります。
とはいえ、システムがちょこちょこ変わっているみたいですから、やったことがある人も楽しめるのではないでしょうか。


せっかくですし、ちょっとしたテクニックの紹介でも。なぜか画像つき。
知らない人は見なくても大丈夫ですよー。
・ドット立ち
f:id:surara:20081124064118j:image
このようにはみ出して立つことをドット立ちと呼びます。
ここからさまざまなテクニックに発展していくので、必須技能のひとつになります。


・遠隔喚石魔法
f:id:surara:20081124064118j:image
このようにドット立ちをします。(画像は使いまわし)
f:id:surara:20081124064117j:image
そして喚石魔法を使用すると・・・
f:id:surara:20081124064116j:image
このように1マスあけて石を出すことができます。
しゃがみながら魔法を使うと同じように1マスあけた斜め下に出すことができます。
結構多用する方法ですし、これを利用しないとできないステージもありますので、覚えておいて損は無いかと思います。


・空中浮遊
画像を入れても非常にわかりにくいのですが、寂しいので入れておきます。
f:id:surara:20081124070239j:image
ジャンプしたら喚石魔法を使って・・・
f:id:surara:20081124070238j:image
そして間髪いれずに喚石魔法をすると・・・落下距離が普通と比べて短くなります。
要するに、喚石魔法を連打することによって、ある程度の時間空中に浮くことができるというわけです。
主に向かってくる敵を飛び越えるときに使います。
また、1マスの横にあいた狭い隙間に入りたいときに使うと入りやすくなります。
ただ、その隙間自体に石を作らないように気をつけないといけません。


・垂直上がり
f:id:surara:20081124064612j:image
遠隔喚石魔法と同様に、このように立ちます。
f:id:surara:20081124064611j:image
そしてジャンプしながら喚石魔法を使用すると・・・
f:id:surara:20081124064610j:image
このように出した石に即座に乗ることができます。
あまり利用する場面はありませんが、何かと得をする場面があるかもしれません。
タイミングはわりとシビア。ジャンプと同時ではなく、ジャンプしてほんの少ししてから使うような感覚で行くとやりやすいでしょう。


・ぬそ対策法
f:id:surara:20081124064921j:image
ぬそが迫ってきました。
f:id:surara:20081124064920j:image
石を出して、ぬそを乗せ・・・
f:id:surara:20081124064919j:image
消すとこのように、足場がなくなったぬそは空中を歩いていきます。
この画像では逃げ道があるのでやり過ごしは簡単ですが、狭い道の場合このようにするといいでしょう。
また、
f:id:surara:20081124065411j:image
このような状態でぬそを乗せてから魔理沙の隣の石を消してやると・・・
f:id:surara:20081124065410j:image
このように、ぬそをひとつの石にとどめておくことができます。
すべてのぬそをひとつの石にまとめてしまって、ゆっくりと攻略するのもいいでしょう。フィールドに空きがあればの話ですが。


また、テクニックとは違いますが、
f:id:surara:20081124072739j:image
このように横方向には石を出せない状況でも・・・
f:id:surara:20081124072738j:image
右下に喚石魔法を使うと、
f:id:surara:20081124072737j:image
このように、石を配置したり、消したりできることが忘れられがちなので、気をつけましょう。
この画像の場合は下の石は消すことができますが、下の石が消すことができないときでもしっかりと喚石魔法を使えます。


これらのテクニックは、実は本家からあるものです。
そのあたり、忠実なんだなぁ、と思います。
ただ、試してみたところ一部できなくなっているものもあるようですので、ソロモンの鍵プレイ者は気をつけたほうがいいかもしれません。